葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

R1153898 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる
5月15日に開催される葵祭ですが、2012年は15日が雨で延期になり、5月16日に開催されました。この日の天気はよく、日中は半そででもいいくらいですが、夕方になると少し肌寒くなる感じ。

葵祭を上賀茂神社の有料席でみる

R1153815 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

京都御所を10時半に出発した行列は、15時半に上賀茂神社到着します。
行列を追いかけていくのもよさそうですが、上賀茂神社で見れば、平安衣装に身を包んだ人たちが、道の白い砂の上を歩いていくので気に入っています。

R1153816 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

葵祭当日は、上賀茂神社の一ノ鳥居から二ノ鳥居までの道に沿った芝生ゾーンに観覧席ができます。そこが有料ゾーンになり、椅子に座って歩いてくる行列を見られるようになっています。私は、15時半くらいから17時過ぎまで見ていました。
写真を撮る方などは、通路沿い(いちばん前の席)を確保したりしているようです。
この日、延期になったからか、15時に到着しても席が空いていました。
こちらの席では、葵祭のちょっとした冊子ももらえます。

R1153873 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

2011年は見に行っていませんが、2009年、2010年の記事はこちら。

葵祭の行列でじわっと盛り上がるポイント

私は平安衣装を身にまとった人々が無言で歩いていく。というのを見ていて、他に見るべきポイントがわからないのが悔しいところですが、淡々とすすむ葵祭で、じわっと周りが盛り上がったような気がするポイントがあります。
まず、行列が到着した瞬間は、どよどよします。
馬や楽器も時もじわっと盛り上がりますが、お花がきれいな風流傘がやってくると、周りの空気が変わります。

R1153910 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

赤と黄二つの大きな風流傘が通過。
見た目も華やかで、かわいらしいです。

R1153927 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

その後、小さめの風流傘が通過。
花の量も少し少なめですが、それぞれ違う花がついています。通過した後は二ノ鳥居入り口に並べられていました。

R1153944 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

五衣裳唐衣に身を包んだ今年の斎王代(さいおうだい)。

R1153959 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

斎王代以下女人列は、衣裳がぐっと華やか担った気になります。
そして、会場の雰囲気が少し変わります。
牛車もみたかったのですが見ていません。

馬たち

R1154035 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

葵祭では、馬と牛が登場するのですが、たまたま休んでいるか出番まちの馬たちがいたので見てました。すごくきれいな馬たちでした。なんか、落ち着かない様子でした。お疲れ様。

R1154065 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる
こちらは、神馬舎にいた白い馬。前足で地面の土をほってました。
もう一匹茶色の馬もいました。

人々

R1154067 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

神馬舎の前にいた、弓使い。おそらく馬の管理をする人。馬寮使?
なんか、かっこいいので、萌えました。

R1154062 葵祭(2012年)を上賀茂神社でみる

社頭の儀が行われているときに、二ノ鳥居前にいる人たち。警備をしているのでしょうか。武器(弓や太刀)を持っている人は、役人か警備の人みたいです。
ざっくりと位がわかる簡単な方法は、足元をチェックしてみるといいかもしれません。

葵祭の「おしゃれは足元から」?

ぼんやりと行列を見ていると、列がきたなあと思いますが、それぞれにななかの役があり、その役の位などによって身に着けている衣裳が違うようで、そういうのがわかると、ぐっと葵祭が面白くなると思いました。

関連記事

関連キーワード

公開日:2012年05月16日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+