当ブログは、2018年6月15日よりリニューアル作業中です。

夏に何を読む?新潮文庫の100冊

新潮文庫の100冊

2018年夏「新潮文庫の100冊」

読みたい文庫
『あつあつを召し上がれ』 小川糸
『精霊の守り人』 上橋菜穂子

おすすめ文庫
『砂の女』 安部公房
『博士の愛した数式』 小川洋子
『江戸川乱歩名作選』 江戸川乱歩
『海と毒薬』 遠藤周作

2009年夏「新潮文庫の100冊」

新潮文庫といえばパンダということで、Yonds?くん(イラストレーターの100%ORENGEさんデザイン)が表紙の無料冊子を手に取りました。
中はカラーではありませんが、文庫1冊1冊の紹介文の読みごたえがあり、熱心に書かれています。

新潮文庫では100冊大人買いできちゃったりするそうで、文庫好きなら(ほしいかも・・・)と、つい物欲を刺激される、刺激の100冊セット。5万円くらい。正確には108冊

2009年の読みたい冊

『きつねのはなし』 森見登見彦 
『ボッコちゃん』 星新一
『白洲正子自伝』 白洲正子
『新編 銀河鉄道の夜』 宮沢賢治
『塩狩峠』 三浦綾子

2008年の読みたい・おすすめ

[読みたい]
『罪と罰』(上・下)ドストエフスキー
『ニシノユキヒコの恋と冒険』川上弘美
『ロリータ』ウラジーミル・ナボコフ
『黒い雨』井伏鱒二
『海辺のカフカ』(上・下)村上春樹

[おすすめ]
『人間失格』太宰治
『沈黙の春』レイチェル・カーソン
『小川未明童話集』小川未明
『夏の庭』湯本香樹実
『春琴抄』谷崎潤一郎

新潮文庫の100冊 2018
今年のキャンペーンは#キュンタ大作戦! この感情は何だろう。新潮文庫の100冊。
書籍購入/読書感想
この記事を書いた人・サイト運営者

1980年生れ。京都在住3児の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなTwitter見すぎオカンです。

もかり(mokari)をフォローする
RouxRil Culture