文庫好きによる、出版社の夏のキャンペーン調べ(集英社文庫編)

集英社文庫はなんか不思議な感じですよね。
集英社と言えば「ジャンプ」(漫画)が思い浮かび、なんだかちょっとおかたいイメージのある出版社にしてはライトな感じが漂うというか、時代に合わせてという傾向を感じます。それが嫌だというわけでも、いいというわけでもないですが、ひとつのかたちで面白いなあと思っています。
集英社文庫の夏は、ナツイチというものをやっていて、ラインナップがちょっと面白い。普通ならその中に私の読んだことがある本があるはずなんですが、集英社に限っては読んだことがない本がほとんどでした。

集英社文庫ナツイチ2008のこと

今年は蒼井優さんがナツイチの看板娘。確かに「本を読む」というイメージがぴったりだなと思いました。水色とホワイトが、さわやかな夏らしい空をイメージさせて、読書をすることが楽しい雰囲気ですよね。
店頭では、1冊購入するとナツイチストラップが必ずもらえるそうです。
あのキャラクターはなにかな?大豆?

去年は「女王バチ」だったそうです。
〔本〕集英社文庫、ナツイチオリジナルストラップ:オレンジスカイの興味津々

蜂?はちだったのか?!ああ。確かにHPをみたら、蜂が飛んでいました。
「生き方」の頭の上に本がのってるのがかわいいなあ…。
私も恋愛がほしいですけど。(と言ったら、結婚してるじゃない!とつっこまれますけど…。)
ナツイチのサイトでは、壁紙、スクリーンセーバー、携帯待ち受けそしてブログパーツ(2008年10月1日までの期間限定配信)などが配布されています。DLして使うブックカバーなど。

2008年集英社文庫ナツイチ2008 読みたい9冊

なんだか見ていると読んだことがある本があまりなかったので今回は読みたい本だけ。
集英社さん考えたなあ。(うふふ
シートン動物記特集 -「シートン動物記シリーズ」を読もう-(集英社文庫ナツイチ2008)の特集ですが、かなりいい。私は子供の頃、シートンやファーブルの書籍を母親が進んで購入してくれたので、とても熱心に読んでいました。あの頃は子ども向けのものでしたが、ワクワクしたり感動したりとても面白くて好奇心を刺激された記憶があります。いいですね?。シートン動物記特集!
[読みたい]『映画ノベライズ花より男子ファイナル小説』 下川香苗
ええっと。松潤がいなくてもたぶん楽しめると思います。…と思います…。ファイナル!
・・・実は私、映画見てません。
[読みたい]『人間失格』 太宰治
カバーが『DEATH NOTE(デスノート)』の小畑健さんです。
[読みたい]『伊豆の踊子』 川端康成
同じくカバーが『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦さんです。

文庫編集部の伊藤亮さんが「破滅的で美しい『デスノート』と太宰の世界観は通じるのでは」と企画。
文庫本「ジャケ買い」 『人間失格』は『デスノート』風 asahi.com – 文化一般 – 文化・芸能

わたしはいいアイデアだと思いましたよ。でもちょっと残念な部分も感じたりしてるんです。
[読みたい]『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』 中島らも
らも氏のエッセイ。たぶん読んだら、仕事できなくなったりして…だらだらと…。
[読みたい]『オリンピア ナチスの森で』 沢木耕太郎
気になる作品ではあるのですが、読むのに精神力使いそうと思いました。
[読みたい]『チェ・ゲバラの遥かな旅』 戸井十月
革命ですね。あ、改革かな。
[読みたい]『東京バンドワゴン』 小路幸也
楽しそう。題名がすてきだったので、何となく読みたい。
[読みたい]『二十億光年の孤独 Two Billion Light-Years of Solitude』 谷川俊太郎
谷川さんの世界は美しいですから文庫で読めるって嬉しいかも。これは買うな。
[読みたい]『岳物語』 椎名誠
あ、これは読みました。中学生の時、進研ゼミの赤ペン先生との文通で、どんな本がおすすめですか?と私が聞いたら、私の担当の赤ペン先生が「岳物語」をすすめてくれました。今でもそのエピソードが心に残っています。いい本をすすめてくれてありがとう。赤ペン先生。受験頑張りました!(ここであえて今頃いう)
家読(うちどく)という活動が紹介されていますが、家族といえども同じ興味や関心趣味というわけではないので、家読を理由にお互い強制しないように楽しみたいものです。自由に自然に本を通じて共有できる関係というのがいいですね。立場や年齢の違うもの同士がお互いのことを理解しあうきっかけにはとても良いと思います。
参照:家族で本を読もう! 家読(うちどく)公式ホームページ
というわけで、書籍をあまり本屋さんで買う機会が少なくなった私ですが、この夏のキャンペーンの機会にぜひ近所のおっちゃんがやってる本屋さんで購入したいなと思いました。
集英社文庫ナツイチ2008 – 集英社
文庫本「ジャケ買い」 『人間失格』は『デスノート』風 asahi.com – 文化一般 – 文化・芸能
〔本〕集英社文庫、ナツイチオリジナルストラップ:オレンジスカイの興味津々 ストラップのこと

インターネット通販で書籍を購入したい場合購入できるサイト

Amazon.co.jp
1500円以上で送料無料
本や雑誌のほかにもいろいろ同時に購入することも可能。
検索ボックスで、気になる書籍を思い出したら検索してみてください。
楽天ブックスは品揃え200万点以上!
楽天ポイントがたまっているときなどに使うと便利です。

検索:

こちらは1500円以上で宅配送料無料!セブンアンドワイの検索ボックス。
【チェック】あなたの夏を変える1冊!プレゼントもあり「夏の文庫」特集
毎年京都の下賀茂神社で「下鴨納涼古本まつり」というのが行われます。
古本屋さんがたっくさん集まって、屋台のように屋外で本を売っているんですよ。
場所も京都の下賀茂(下鴨?)神社で、風情があります。出町柳近くです。
第21回下鴨納涼古本まつり開催日時・場所
日程 2008年8月11日(月)?16日(土)
時間 午前10時?午後6時(最終日は午後4時終了)
会場 下鴨神社・糺の森(ただすのもり)
参照 京都古書研究会

公開日:2008年08月06日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+