苔もっふもふ

P5095757 苔を盛ってもっふもふ
この苔は2012年2月に通販で購入したヤマゴケです。
1年くらい他の入れ物で生息していましたが、天気がよくなってきたので植えかえました。
※正確な種類は、いまだによくわかりません。
私は苔好きですが、苔玉はうまく育てられないので1つしか育てたことがなく、今は盆栽の木がないタイプみたいな感じで、苔だけ鉢に植えてじーっと見てます。
この苔は見た目が草みたいで、調子がよいと、よくもふります。

作り方は簡単です・・・

P5095748 苔を盛ってもっふもふ
植えかえた容器は、神戸フランツのプリンが入っていた壷です。
木や草のように根を深く張って根が腐り枯れることはないので、おそらく壷の底に穴があいていなくても、水をやる量を気をつけたら大丈夫かな?と思いました。
P5095752 苔を盛ってもっふもふ
苔は根がないので、土が無くても大丈夫そうですが、小品盆栽用に買っていた、硬質赤玉土を使いました。
P5095753 苔を盛ってもっふもふ
水の量が違うと、状態が変わるのかな?と思い、ひとつだけ水を多めにしてみました。
乾燥しても復活するのですが、水が多すぎるといやらしく、水をやりすぎるともしかするとダメになるかもしれないですね。
土を多めに山のように盛ると、苔をはったときに見た目が山っぽくなり、見た目のもふ度が高まります。
P5095755 苔を盛ってもっふもふ
出来ました。もうちょっときれいにはりたいなあ。
苔はいろいろいじると、いやみたいなので、このまま毎日じーっと見るだけです。
この苔は1年くらい別の鉢で育てていましたが、たまに水をやったりするくらいで、肥料などもやりませんでした。私が放置気味だったので、乾燥して状態はベストではないようです。
かなり注意深く観察すると、微妙な変化はありますが、うまく見てあげたら、1年経ってもこの状態のままです。苔を食いあさるような生き物もいないので、自滅しない限りおそらくこのままでしょう。
苔でかなりの変化がある状態は、乾燥したり、状態が悪くなったりするか、胞子体が伸びてくるくらいで、花が咲くなどといったこともないです。

苔の花言葉は母性愛、信頼、孤独、物思いである。
苔 – Wikipediaより

なんか、Wikipediaに苔の花言葉が載っていて、おもしろかったです。

娘がやりたがり増えました

P5125990 苔を盛ってもっふもふ
私が出来たものを眺めていたら、娘もやりたがったので、作り方を教えてあげたら、6個に増えました。これを作るのは2分くらいで終わるので、作ったら忘れてしまったらしく、私がじーっと見てます。
次は、こういうのを作ってみたいなあと思っています。↓

関連記事

関連キーワード

公開日:2013年05月12日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+