カメラのレンズに「プロテクター」なるレンズ保護アイテムをつけるらしい

P4014937 カメラのレンズに「プロテクター」なるレンズ保護アイテムをつけるらしい
私が使っているカメラは、OLYMPUS PEN mini E-PM1です。
ミラーレス一眼と呼ばれ、カメラとレンズが別れています。
一眼レフカメラでは常識だと思いますが今までデジカメしか使ったことがないので、わりと衝撃。

このカメラのレンズは大事(高価でもある)であり、レンズの傷や誇りや汚れに気をつけることを知りませんでした。

レンズをきれいに使うためには、レンズ部分を保護する役目のアイテム「プロテクター」なるものが存在して、付けておくといいんだとか。
購入したカメラはレンズキットでしたが、プロテクターはセットになっていなかったので、自分で探しに行きました。

どれを買っていいかわからないんだよ!

P4014941 カメラのレンズに「プロテクター」なるレンズ保護アイテムをつけるらしい

プロテクターってなに?
コスメブロガーでカメラオタクのSYOさんに、プロテクターの存在を教えてもらった時に、はじめて知りました。

カメラを使っていないと、存在さえも知らないアイテムで、大切なカメラレンズを保護するのが、プロテクターの役目だそう。

どうやら、プロテクターは何でもいいというわけではないようで、

わたし「何買えばいいの?」
SYO「電気屋の人にカメラ見せたら教えてくれるッヨ♪!!!」

との助言をもらい、京都のビックカメラさんのカメラ売り場の店員さんに教えてもらいました。

「レンズのここにつけるらしい・・・何か・・・ドレ・・・ナニヲ・・・???」
みたいな状況でも、私の欲しいものがわかったらしい。さすが、店員さん。
ポイントになるのは、レンズのサイズ(直径?口径?)で、プロテクターも37mm用を選んでもらいました。

P4014942 カメラのレンズに「プロテクター」なるレンズ保護アイテムをつけるらしい

ビックカメラの店員さんに、この黒い部分がカラフルなタイプがいい?と聞かれます。
どうやら、このプロテクターの周りの色をカラフルなものにして見た目とかを楽しむそうです。

機能はほぼにたようなもので、値段はちょっとお高くなるわよ。と言われたので、「カラフルはノー」とお断りし、黒いのを選びました。シルバー枠もあるそう。
お値段は、1700円くらいで購入。
想像していたより、お高い品でした。(1,000円以内で買えると想像していた)

カメラレンズを保護

P4014943 レンズプロテクター

今までまったく保護されていなかったレンズを保護してくれ、カメラレンズそのものに傷がついたり、汚れから守ってくれます。
プロテクターをつければ、レンズそのものに汚れや傷がつく心配も減るし、高価なレンズをキレイに使う手助けをしてくれます。

メーカーのページ
PRO1D プロテクター(W) | PRO1 Digitalシリーズ | ケンコー・トキナー

公開日:2013年04月03日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+