娘が喜んだナショジオ2010年11月号の付録-大移動する動物-

20101202 娘が喜んだナショジオ2010年11月号の付録-大移動する動物-
私は、地球や自然や動物に興味を持っていますが、娘はそういったことにはあまり興味を持たないタイプの子なのかと思っていました。
先日、Fans:Fansというサイトの日経ナショナル ジオグラフィック社プレゼントに応募して、ナショナル ジオグラフィック11月号が自宅に届いたので、「写真すごいねー」と、独り言を言っていたら、娘が横で見ていました。
まあ、娘は見ても興味を抱かないだろう。だとか、かわいい動物や痛ましい写真にしか反応しないだろうと思っていたのですが、意外なことに何でも興味を持って、私に「これはなに?」「なんてかいてあるの?」と聞いてきます。
私は、あれ?もしかして、今まで娘は興味がないと思い込んでいただけで、何も教えてあげていなかっただけかも。と、どきん。と、しました。
夫さんは、海に興味があるようなので、「日本横断3つの海と魚たち」というコーナーを薦めました。
P56の写真、小笠原、父島沖の洞窟の岩陰にいた、学名のついていないホヤの仲間がとてもかわいいです。ポニョのシーンにこんなのいたな。と思います。

2010年11月号の付録-大移動する動物-

20101202-1 娘が喜んだナショジオ2010年11月号の付録-大移動する動物-
私が子どもの頃大きくてすごい迫力があるので好きだった、こういった大きな紙に印刷されているものは、子どもの頃よく見たことがあるかと思います。
今となっては、私は体が大きくなってしまったので、へぇ~くらいにしか思わなかったのですが、小さな娘はこの付録を見て「おおきい!おおきい!」と、大感動。
ああ、確かに大きいだろうなあ。と思っていたのですが、娘は紙の上に寝っ転がってバタバタしはじめます。「なにやってるの?」と聞いたら、「ちきゅうでおよいでるの」と。
さながら、世界旅行をしているかの様子に、羨ましさを感じました。
私も子どもの頃、そんな感覚があったようにも思います。
こちらの大移動する動物という付録には、動物の移動ルート(海、空、陸)と、海流、卓越風や、地磁気が強い部分が地球全体の地図でわかるようになっています。
移動の高さをあらわすものでは、ここに載っている動物の中では、インドガンが最も高く、上空9,000mの場所を移動しているようです。立体にすると、もっと楽しそうですね。
ここで紹介されている動物たちは、写真ではなく、絵なのですが、繊細ですごい絵です。

特集は内部スーダン独立への苦闘がよかった

20101202-2 特集は内部スーダン独立への苦闘がよかった
普段、死体を見ることがとても少なくなりました。
日常的に目にするといえば、虫の死骸ぐらい。
スーダン独立への苦闘では、「部族間抗争で殉死した二人を埋葬する」様子の写真が掲載されています。新聞、テレビ、インターネットなどのからは、こういった写真を掲載することが稀か、もしくはないかと思います。このような死に関する情報が全く入ってこないのは、私にとってはよいことなのかもしれませんが、目にすることによって、一気にどこかに引き戻される気分になります。
特集はじめには、儀式のため少年の額に傷がつけられている写真が大きく載せられており、
娘にとってはショッキングな写真だったようですが、なぜ?どうして?と思う娘に、こういったことをするための儀式があるようだよと説明する機会や、日本ではこういう儀式は多分やってないと思うよということを話すきっかけになります。

目次 -書籍やイベントの情報・広告

20101202-3. 娘が喜んだナショジオ2010年11月号の付録-大移動する動物-
今月の目次。
私にとっては、うつっているいるものも、クオリティも普段目にすることが少ないような写真を中心に特集のほかにもこのような読み物があります。
「ビジュアル世界一の昆虫」や「とびだす!実物大ずかん」など、ナショナルジオグラフィックを読んだら、子どもに買ってあげたくなるような書籍の情報もありました。

イベント情報も掲載されていて、子どもを連れて行きたいと思った京都のイベントがありました。
2010年秋季特別展「昆虫標本からさぐる環境変動ー花を訪れる虫たちのいま、むかしー」
― 京都大学総合博物館
12月4日(土)、12月12日(日)に、約1時間程度の展示解説が実施されるようです。

年間購読したくなる

20101202-4 娘が喜んだナショジオ2010年11月号の付録-大移動する動物-
書店などで1冊ごとに買うことができますが、年間購読すると自宅に届けてもらえるので、買い忘れがなくてよさそうと、去年年間購読しようか迷ったことがありました。結局迷って、たまっていく本の置き場がないということで、年間購読はしなかったのですが、私にとってはとても魅力的です。

参考/関連サイト

参考/関連アイテム

関連記事

関連キーワード

公開日:2010年12月02日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+