京都「とみ寿司」で、江戸前にぎり寿司を家族で食べる。

20100111-4 京都市「とみ寿司」で、江戸前にぎり寿司を家族で食べる。

先日コンビニで、寿司の雑誌(ムック)をあまりにも寿司がおいしそうに見えてしまい衝動買いしてしまったのですが、関西のお寿司屋さんはそれほど紹介されていませんでした。でも数件紹介されていて、京都で場所がわかるところで、行ったことがないなあというお寿司屋さん「とみ寿司」さんに行ってみました。

とみ寿司に行く前は、SOU・SOUで足袋下を買いました。
関連記事:京都「とみ寿司」で、食べたもの

京都の街中にあるとみ寿司

20100111-3 京都市「とみ寿司」で、江戸前にぎり寿司を家族で食べる。

とみ寿司さんは、どちらかというと「と~りゃんせ~と~りゃんせ~こ~こ~はど~こ~の細道じゃ~♪」みたいな、裏通りにあります。この近くには、私がよく行く足袋下で有名なSOU・SOUさんのショップがあるあたりですが、ここにお寿司屋さんがあったなんて・・・。

この日は、夫さんが赤貝が急に食べたくなったそうで、雑誌を読んで予約していきました。
お店に到着すると、日曜日の18時頃行きましたがすでにお店は大繁盛の状態で、待っているかたがたくさんでした。

とみにぎり2人前

20100111-6 京都市「とみ寿司」で、江戸前にぎり寿司を家族で食べる。
予約で、とみにぎり2人前を注文していました。
わたしは先日からなまこが食べたくてしょうがなくなっていたので、梅酒の水割りとなまこを。
娘は茶碗蒸、夫さんは瓶ビール、他には、赤だしや、お好みにぎりで、食べたいものなどを注文して、この日の食事代は、家族3人で8000円くらいになりました。

お好みにぎりは1ケ30円から

20100111-22 京都市「とみ寿司」で、江戸前にぎり寿司を家族で食べる。
寿司というと、高級なイメージがありますが、お値段はピンからキリまで。
お好みにぎりは1ケ30円からで、30円のげそというのは、イカの足のことだとわかりましたが、どうびんって何だろう?と疑問に。1ケ30円なので、注文して何が来るのか試してみてもいいかと思いましたが、注文する勇気がなく、でも気になったので帰り際にお店の方に聞いてみました。
どうびんの答えはここでは秘密です。ヒントは、イカとよく似た生き物の、足じゃない方。

とみ寿司のお店の雰囲気

とみ寿司さんの1階はカウンター席で、職人さんがお寿司を握ってくれている様子を見ることができそうでした。我が家は2階席でしたが、2階は座敷のみです。個室ではありません。
娘(5歳)と一緒に行きましたが、座敷だと落ち着いてお寿司をいただくことができました。
隣のテーブル(座席)とは仕切りで仕切られているだけなので、騒がしくしたりしていると気を使いますが、この日の娘は、お寿司がおいしくて感動していただけでした。娘はお寿司屋さんでは決まって茶碗蒸を食べますが、中からいろいろな具が出てきて、大喜びでした。

お店の雰囲気は、実家みたいな感じで、どこか懐かしくアットホームで、庶民的な雰囲気です。
関連記事:京都「とみ寿司」で、食べたもの

とみ寿司:お店の情報

とみ寿司
京都府京都市中京区裏寺町通四条上ル 578‐5
阪急河原町駅9番出口より徒歩3分
とみ寿司の詳細とクーポン情報(FooMoo)
店内の写真などもこちらのリンク先で確認できます。

関連記事

関連キーワード

公開日:2010年01月11日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+