京大吉田寮の銀杏(ぎんなん)をひらう

20090922-8 京大吉田寮の銀杏(ぎんなん)をひらう
京都大学吉田キャンパスの近くに、吉田寮という木造の建物がある地帯があります。
吉田寮の入口の門から建物までいく通路の脇には、大きなイチョウの木がはえていて、秋になると毎年たくさんのぎんなんが実ります。
今月(2009年9月)終わりまで、「おめでとう!吉田寮ほぼ100周年祭 」というイベントが行われているようで、そのイベントに行った際に、ぎんなんを娘と拾いました。食べるためというより、ほぼ100周年を記念して(ひろったぎんなんを育ててみようかな。)と思いました。


20090922-7 京大吉田寮の銀杏(ぎんなん)をひらう
ぎんなんひろいは、かなり夢中になれるので、とても面白いです。
100本くらい発芽させたいなと思い、100個くらいぎんなんをひろってみたのですが、はたして芽がでるのでしょうか・・・。まきどきなんかもわからないのですが、無事イチョウの苗ができたらいいなあ・・・。と思ったりします。
でも、よく考えると100本も苗ができても困るかもしれません(汗
ひろった実は、かなりのかおりがしています。
食用にするときは、このにおいに苦戦しつつ、私の方法ですが、
(1)バケツなどで柔らかい部分を腐らせる
(2)腐ったら手袋つけて周りの果肉を水で洗って、かたい部分(種)をとりだす
(3)種を天気のいい日に干して乾燥させる
(4)うちは、フライパンなどであぶってさらに乾燥させます
イトーヨーカドーネット通販で、「 T くるみギンナン割 」という商品があったので、ギンナンを割るための用具があることがわかりました。
あと、Wikipediaを見ていると、ギンナン食中毒というものを引き起こす可能性があるとも書かれています。娘に食べさせすぎないように気をつけたりしないといけないですね。(参考:イチョウ – Wikipedia

ギンナン―栽培から加工・売り方まで (新特産シリーズ)

植え付け後7年で結果させる標準タイプ、3年目からとれる超密植栽培、15年先をにらんだ長期栽培法など、工夫次第で夢が広がるギンナン栽培。各々の環境・経営条件にあわせた、無理のない取り入れ方を詳説。

[Amazon.co.jp: ギンナン―栽培から加工・売り方まで (新特産シリーズ): 佐藤 康成: 本より引用]

映画「鴨川ホルモー」の「百万遍寮」は、京大吉田寮なんだそうですね。
気になる映画だったのですが、今度ちゃんと見てみます。夫婦で楽しめそうです。
2009年10月7日にDVDがリリースされるそうです。

鴨川ホルモー [DVD]

京都を揺るがす阿呆の祭典、ここにあり! 「オニ」を操り、いざ勝負!! “ホルモー”と叫ぶとき、何かが起きる!

[Amazon.co.jp: 鴨川ホルモー [DVD]より引用]

関連サイト

 T くるみギンナン割 (イトーヨーカドー)
おめでとう!吉田寮ほぼ100周年祭 | 吉田寮公式サイト
映画「鴨川ホルモー」公式サイト
京都大学吉田寮 – Wikipedia

大きな地図で見る

公開日:2009年09月26日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+