屋外で湯作りそして珈琲豆を手挽き

20090329-1 屋外で湯作り
ものを作るのは好きなのですが「湯を作る」なんてあまりにも日常的だったため、こんなにもドラマティックな作業だったなんて知りませんでした。湯で非日常体験中。そして、そろそろできそうです。湯が。
結局は、キャプテンスタッグオーリック小型ガスバーナー・クッカーセットを使わないと湯を作ることさえできなかったわけなので、偉そうなことは言えませんが、なんだか「ヤッタネ!」とか「やればできるんだ・・・」と言った、妙に感慨深い気持ちになるわたし。と、娘。
アウトドアなのか、サバイバルなのか、ちょっとわからなくなってきましたが、母子家の庭で
湯ができた!湯ができた!
と喜んでいる姿がきっととても原始的な風景だったんじゃないのかなあとさえ思います。
プチイベント風なノリで湯を沸かし、何をしようとしているかというと「珈琲を飲む」ただこれだけです。しかも、珈琲はインスタントコーヒーではなく、豆です。更なる試練が。


20090329-2 屋外で湯作り
豆・カップ あれども珈琲 飲めぬかな
こういうときに大活躍するのが、ひきだし好きにおすすめしたい「Kalita ドームミル」です。
もし、街中で遭難し、珈琲豆キャプテンスタッグの小型ガスバーナーなどがそろっていた場合、ドームミルがなかったらどうしたらいいのかなあ・・・と、方法を考えていたのですが、小石で豆をマメにカチ割っていけばいいんじゃないのかな?と思いました。
今のところ小石で豆をマメにカチ割るほど危機的状況に見舞われたことがないので、やったことはありませんが、道具がなくてもどうにかなることはたくさんあるなとなんとなく思います。
20090329-3 屋外で湯作り
ということで、ここでいきなり余談なのですが、この記事は、MONO-PORTAL「復活の香り」レビューモニター企画連動記事で、私のほかにも5名珈琲を楽しんでいる方々がいます。
ふと、思ったのですが、みなさんなんだか優雅な珈琲タイムみたいで、いろんな意味でどんどん不安になってきました!(詳細はこちらの特設サイトへ
なぜ、わたしは「復活の香り」というイイ珈琲豆で全く縁のないアウトドアというテーマを選んだのか・・・そんな過去の自分に、謎が深まるばかりですが、実はこっそりアウトドアが楽しくなり始めている私。と、春休みになり暇でしょうがない娘。
娘が暇そうなので、豆を挽いてもらいました。
珈琲豆をミルに入れた瞬間に美味しそうな珈琲の匂いが庭に広がり、娘も
「これ、こーひーやね!」と。
[動画:Youtube] Kalita ドームミルで珈琲豆を娘が手挽き

あまりにも大変そう(フーフー言ってるし)なので、交代・・・じゃなくて、母も協力することに。
[動画:Youtube] Kalita ドームミルで珈琲豆手挽き

豆を挽く音がとても魅力的な音というか、気になる音がするので、また豆を挽きたいなあと思いました。動画より実際に見ている方が面白いです。
20090329-4 屋外で湯作りそして珈琲豆を手挽き
珈琲豆を挽き終えました。ここまで娘と二人で約10分くらいかけました。
いろいろな準備は整い始めましたが、珈琲を飲めるのはこれからまだちょっと先。
で、屋外は寒いです。ついでにしゃがんで豆を挽いたり湯を沸かしたりしていたので、立ち上がったら、足がしびれてる!うちの中で珈琲入れて飲んだら、もっと短時間で珈琲を飲むことができるというのに、何をやってるんだか!わたし・笑。といった、すべてのことが新鮮で愉快です。

関連サイト / 外部サイト

この記事は、MONO-PORTAL「復活の香り」レビューモニター企画連動記事です。
「香琲工房」コーヒー通販オンラインショップ – サントリー
珈琲「復活の香り」レビューモニター企画(企画・運営:MONO-PORTAL

「復活の香り」レビューモニター企画】参加者の皆さまのサイト
レビュー☆クチコミ.com – インスタント主婦が、香りで癒される♪模様をレポ!
ちびっこ育児の体験日記 – 自分の夢や人生をゆっくりと考える時間を作りたい
こどもと.JP – グインサーガな時間を作りたい
ちいつもblog – 朝、ゆっくり食事できる時間を作りたい
日々歳々 – 復活の香りで復活する時間を作りたい

公開日:2009年03月29日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+