第11回京都北山ハロウィンの見どころ。

20080918 第11回京都北山ハロウィンの見どころ。
写真は2004年10月24日に開催された、北山ハロウィンのカボチャに灯がともっている写真ですが、今年も北山ハロウィンの季節がやってきましたね。京都ではオシャレストリートの北山通りで行われる、北山ハロウィンですが、今年も見どころいっぱい。京都にお住まいの方も、そうじゃない方も、どういうイベントなのか、わたし目線での見どころを紹介させていただこうかと思います。
日程ですが、第11回北山ハロウィンは、2008年10月10日からスタートし、メインイベントは、24日(金)24日(土)26日(日)の3日間北山通り一帯で開催されます。北山通り沿いのお店ではハロウィンにちなんだ商品が並んだりイベントがあったりしますので、とても賑やかです。
詳細は、北山ハロウィンのサイトをご覧ください。
さて。このイベント、毎年かぼちゃを見に行ったり仮装行列を見に行ったりと、見て楽しんでいたのですが、今年はちょっと参加してみようかなと思ったりしていたりします。さて、何に参加する(した)かというのは後日またお知らせするかもしれませんが。


北山ハロウィン参加できることをまとめてみますと、
(1)10/25 カブリモノ変心塾(カブリモノづくり) 講師:チャッピー岡本さん
(2)10/24-25 かぼちゃカービング(ジャックオランタン作り)
(3)10/26 仮装パレード出演者募集
(4)10/24-26 ライブ出演者募集
(5)ぼらんウィアスタッフさん、フリマ・屋台出店者さん
というわけで、創作活動が好きな方はぜひ参加されてみてはいかがでしょう。事前申し込みなど北山ハロウィンのサイトよりご確認ください。
メインイベントがある3日間の間によく足を運んで娘とカボチャを見に行くのですが、昼間に屋台で遊んで、夜はカボチャに灯がともったのを見るというパターンが多いです。
ちょっと参加してみるなら、ハロウィンの雰囲気いっぱいの北山通りをぶらぶらしてみるとか、ぶらっと北山通りのお店にはいってみるだとか仮装パレードを見て楽しむとか。
気合い入れて参加してみようと思うなら、もうライブしちゃったり、仮装してみちゃったり!
わあ、楽しそう。
毎年どうしても買いたくなってしまうのは、進々堂さんのカボチャのパンで、この季節ならではのカボチャを使ったパンを食べることができます。そして、いつもはちょっと入りにくいなあと思っているお店もなぜかこのシーズンに入ってみることができたりして楽しいです。ああ、そういえばフランス・パリに本店を構える手芸材料店のla droguerieさんにボタンを買いに行こうかな。(ラ・ドログリー 京都北山店
北山ハロウィン
京都 北山街協同組合|KYOTO KITAYAMA STREET

関連記事

関連キーワード

公開日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+