ライブ衣装にワイシャツを着る ベース編

20080505 - ライブ衣装にワイシャツを着る ベース
20代、ワイシャツ選びの5つポイント。で選んだワイシャツを見せながら、ライブをすることが決まった我が家の夫さんにこんな提案をもちかけてみました。
「ライブ衣装に、ワイシャツを着てみない?」
本人はファッションに関してそれほどこだわりのないタイプで、ライブ衣装も普段着でした。
ライブの雰囲気を作りたいのでライブ衣装はどうにかしないといけないとはつぶやいていたのを聞いたことがあり、ワイシャツのほかにも色々提案してみたのですが、あまりいい反応がなく。
ワイシャツに関してもいつも通りの反応が返ってくると思いましたが、めずらしく
おっ!いいね!」という反応でした。
写真で着用しているワイシャツは、通販で購入した普通のワイシャツです。
特別なブランドものというわけでもなく値段も手ごろなものです。
普通に仕事で着用するために着ているものを着用してみました。
さてこのワイシャツひとつでどのくらいイメージが変わるかというのを、
実際にライブで演奏している写真を見比べてみましょう。


20080505-ライブ衣装にワイシャツを着る ベース
before
これがいつも通りの服装です。黒いトレーナーにリーバイスのジーンズ。
ほろ酔い度 60/100(パーセント)

20080505-ライブ衣装にワイシャツを着る ベース
after
セシールの楽々アイロンシャツ(長袖形態安定)>と、X-girlのパンツ(レディース・彼の体型がやせ型なので入った)。ブーツは、REDWINGのエンジニアブーツ(ブラック)ですね。
ほろ酔い度 5/100(パーセント)
20080505-ライブ衣装にワイシャツを着る ベースワイシャツを着た場合の全体なイメージ(写真参照)はこのような感じで、写真を撮る側からしてみれば、黒っぽい服装でライブをしてもらうより、白っぽい服装のほうがきれいに撮れるなあと思ったりしつつ、写真を並べて改めて見てみるとかなりの違いを感じました。
普段のライブではだらしのない雰囲気ですが、衣装をかえただけで姿勢は良いし、酔っ払ってないし、なにぶんわたしにはかっこよく見えました。
ライブに来てくれていた知人には彼の大革命だったので笑われるかなあと思ったのですが、「いつもよりいいじゃん!」「かっこいい」と言われていて、本人も上機嫌でした。
当の本人の感想は、「いつもと違う(衣装が)から緊張したから、間違えた」と言っていましたが、よくよく話を聞いていると、普段はライブ前にお酒を飲んで酔っ払っているのにこの日は酔っ払っていなかったから緊張したということが判明。
普段とくらべて何か違いはあった?と聞いたら、
「いつもより軽いから楽だった。でもちょっと肩のところが窮屈かも」と言っていました。
ぴったりサイズにしすぎたかなと思ったのですが、やはりそこが着ていて気になってしまったようです。まあ普段は分厚いトレーナーなので、いきなりワイシャツ一枚になるとそれは軽いと感じるでしょう。
形態安定シャツなので洗濯やアイロンがけが便利ということで、形態安定ではないワイシャツとどのくらい差があるのか、自分でも試してみようと思いましたが、こんなにわかりやすい記事発見。

実際に並べてみると形態安定ワイシャツの仕上がり?の良さはすごいです。形態安定ではないワイシャツもまぁ細かいこと言わなければ問題なしのような気もするんですが、いざ形態安定と比べてみると差は歴然。これまで「まぁ、いいんじゃね?」と思っていたシワが、ちょいと恥ずかしくなってきてしまいます^^;
[う]形態安定ワイシャツでシワなし by うかブログ

やっぱり実際比べてみるとわかるんですね。
さて、この記事はまだこれで終わりではありません。
わたしは「20代、ワイシャツ選びの5つポイント。」と言う記事で、ワイシャツを2枚紹介していると思います。
もう1枚のホワイトのワイシャツはいったいどうなったのでしょうか・・・ (つづく

公開日:2008年05月19日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。⇒プロフィールはこちら

Google+