第138回芥川賞受賞は川上未映子さん

第138回芥川賞が発表されていた。
第138回 芥川龍之介賞
受賞者:川上未映子(かわかみみえこ)
受賞作:「乳と卵」(ちちとらん)

受賞者の川上さんをはじめてサイト上で見ると、モデル?と思うような写真が公開されていた。
なんだろうと思ってプロフィールを見ると2002年ビクターエンタテインメントより歌手デビューしているミュージシャンだった。3枚のシングルと3枚のアルバムを発表している。

第138回芥川龍之介賞の選考委員会が、平成20年1月16日(水)午後5時より、築地・新喜楽で開かれ、下記候補作品の中から川上未映子さんの「乳と卵」が受賞作に決まりました。なお、贈呈式はきたる2月22日に東京・丸の内の東京会館で行われます。
受賞作は2月9日発売の「文藝春秋」3月号に全文掲載されます。
http://www.bunshun.co.jp/award/akutagawa/

作品はまだ見ることができないのかな?
サイトを探してみると、川上未映子の純粋悲性批判(http://www.mieko.jp/)というサイトがひっかかった。


彼女と町田康の共通点はさらにあった。1976年8月29日大阪府生まれ。たしか町田康も大阪生まれなんじゃないかな?と思った。町田康の大ファンの私は、これは大注目の作家があらわれたぞ。とどこかうれしい気持ちになる。
わたくし率イン歯ー、または世界
第1回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞作品。
先端で、さすわさされるわそらええわ
07年青土社刊
サイトの日記で、「今回の受賞でアルバムも売れて大変ですねーいいねーとか声をかけてもらえるが、何がショックって、テレビつけたら売り上げが過去5倍!!!とか景気のよい話のあとに、もともとの枚数まで公表されていて絶句!!」なんていうことが書かれているその暴露っぷりがやや気持のよい、むしろ関西っぽいノリだなあと、ますますいとおしくなる。
こちらの特設ページは、ふちがみとふなとの渕上さんや(元)チボマットの本田さんからのコメントがあり、彼女の交友関係がうかがえる。
受賞作の、「乳と卵 (単行本)」は2月22日発売。楽しみ。
川上未映子の純粋悲性批判 http://www.mieko.jp/

関連記事

関連キーワード

公開日:2008年01月24日
更新日:

この記事を書いた人・サイト運営者
もかり

もかり(
30代、京都在住の娘2人の母。人柄が「昆布みたい」と大絶賛されたことがあるハンサムとお笑いとお寿司と自然と動物が好きなオカンです。
プロフィールはこちら

Google+